Apple Pencilユーザーはこの保護シートを使うべき!


どうも。

今日は『Apple Pencil ユーザーのあなたに是非お勧めしたい商品』がありましたのでご紹介したいと思います。

ずばり、ペーパーライクの保護シートです。

はじめに

ペーパーライクとは??

paper like、直訳すると『紙のような』

『触り心地が紙みたいな感じだよ』という意味です。

Apple Pencil は最高のアクセサリ

Apple Pencilをお使いの方はすでにご存じのことと思いますが、Apple Pencilはこれまでのスタイラスペンのレベルをはるかに上回る素晴らしいモノです。

これがあればまさに紙に書いているようなレベルで遅延もなく、また画面に手が触れることで誤って書かれてしまうようなミスも起こらない(←超重要)、iPad Proもしくは対応iPadをお持ちの方には是非手に入れてほしいアクセサリです。

しかし、やはり画面上にペンを走らせる以上、接触する保護フィルムの素材が非常に大事になってきます。

本日のおすすめ

今回ご紹介したいのはこちら

↑サイズにご注意ください。

保護シートにしては少しだけ高いのが玉に瑕ではありますが、その対価としては十分な性能を持ち合わせていると感じました。

パッケージはこんなかんじ。

こちらがプチプチ付き封筒に入って届きました。

まぁ折り曲げられたりしない限りは大丈夫かな?
ガラスじゃないから割れることはないし…。

いいところ

書き心地がExcellent!

まぁこれが一番求めていたものですからねw

しかし思っていたとおりの、いやそれ以上の書き心地に感じます。

カリカリと軽く引っかかるような感じがあり、どちらかというと鉛筆で紙に書いているときのような、少し懐かしさを感じるような書き心地で非常に気持ちいいです。

ガラスフィルムのときはやっぱりペンを当てた感じもカツカツとした感じがかなりあり、ペンを滑らせてもやはりツルツルの面の上をスケートさせているような感じで、鉛筆やボールペンで紙に書くのとはやはり明らかに別のものでした。
それに慣れるのにも少し時間がかかりましたし、結局ある程度は慣れたもののやはりある程度紙に近い感覚をもとめるようになってしまいましたので、Apple Pencil を使っていこうとお考えの方は絶対に光沢ガラスフィルムよりも非光沢のペーパーライクを選択することがおすすめです。

触り心地もExcellent!

iPad なので当然Apple Pencil で書くだけではなく、指で触ることも非常に頻回にあるわけですが、これがものすごく気持ちいい

あんまり気持ちいいので貼った後ひたすら手のひら全体でサワサワ撫でていたくらいですw

ガラスだとやっぱりつるつるですからね~。
触っていて気持ちいいという感想は出ないでしょう。

残念なところ

「貼りやすい」とは言えなかった

シートを貼るときってやっぱり緊張しますよね。
得意な人いますか?

私は正直そこまで苦手意識はなかったのですが、今回貼ってみて「あ、結構下手だな」って思っちゃいましたw

ここ最近はiPad も iPhone もガラスフィルムを選択していたのですが、あちらは固い分曲がらず、かえってその方が合わせやすい気がしました。

今回久々に柔らかくて曲がるタイプのフィルムを貼ったわけですが、ホームボタンに合わせて貼っていくとどうしても上の方が左右どちらかに寄っちゃうんですよね。

頑張って修正しようとしてもなかなか上手にはいかず…。結局多少妥協した出来になりました^^;

とは言えべつに特別貼りにくいわけではないとは思います。ふつーの保護シートです。
普通だからこそ普通に下手な人はいつも通りきれいに貼るのは少し難しいかもしれません。

一応エアーレス仕様との事なので、多少の気泡くらいはそのうち消えてくれるかもしれないです。

なお、気泡を追い出すときは付属の気泡除去カードを使うことはあまりお勧めできないです。
表面がざらざらしている分、削れちゃいそうなので指で軽く押し出すような形でごしごしやってれば消えていきました

やはり非光沢

いわゆるアンチグレアです。

当然光沢(グレア)のフィルムと比べると鮮やかさは劣ります

代わりに指紋が付きにくかったり、指滑りが良かったりというメリットもありますし、落ち着いた色合いになることは逆にメリットと思われる方もいらっしゃると思います

『残念なところ』というよりは『一般的なアンチグレア』の特徴はもちろん持ち合わせているのでそれが合うかどうかはその人次第です、といったところでしょう。

一応参考程度に比較画像を掲載しておきます。


アンチグレア側はやっぱり少し白っぽく、ざらつく感じです

グレアは従来貼っていたシート、アンチグレアは今回ご紹介しているシートです。
参考程度に。

ちなみにですが、以前 iPad Air2 に貼っていたアンチグレアのシートよりは見た目の白っぽさが少ないように思いました。


映りこみはやっぱり全然違う

今後が気になるところ

ペンや保護シート自体の摩耗は…?

他のペーパーライクの保護シートの商品レビューなんかを見ていると、ざらざらしている分Apple Pencil のペン先が削れるスピードが早い、といったものがありました。

まぁ消耗品だし…と思うところではありますが、当然ガラスよりは摩耗が早いでしょうし、そのスピードがどの程度のものなのかは気になるところですね。

これに関しては今後使っていきながら状態を観察して追記したいと思っています!

あとは保護シートの摩耗や汚れに関してですね。

こちらも以前使っていたアンチグレアのシートは使っていると結構汚れたりしちゃったので様子を見ていきたいところです。

追記 (18/12/05)

半年弱使ってみたところですが、ペン先が削れて交換しなければならなくなった、ということは今のところありません。

汚れに関してはやはり多少付きやすいかもしれません。私は全然気になりませんが、神経質な方だと気になる人がいないとは言い切れないですね。

さらに追記 (19/1/29)

本日ふとペン先を見ると、中の金属が見えていることに気が付きました(画像参照)。

新品と比べてみると擦れて先が少し尖った感じになっているのもよく分かると思います。

私の場合約7ヶ月でこのくらい摩耗しました。ただし、ペーパーライクフィルムを使用する前からこのペンは使っていましたし、そもそもどの程度利用するかは個人差が大きいところですから、一つの目安にしかなりませんが、このように金属が露出してしまったらペン先は交換しましょう。フィルムに傷をつける原因にもなります。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,323 (2019/11/18 08:52:05時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに

いかがだったでしょうか。

保護シートは結局自分でそのものを触って使ってみないとわかりにくいところはあるのですが、この商品に関してはぜひ試してほしいと思えるものでした。

Apple Pencil 自体まだ購入されていない方も、この機会に一緒にいかがでしょう?

【関連記事】

GoodNotes5は4からどう変わった?早速試してみたよ!【大人気ノートアプリのアップグレード】 最強の超絶おすすめな手書きノートアプリ『Good Notes』の紹介をするよ 紙のノートは時代遅れ?! デジタルノートアプリを使ってみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください