WSLを導入するまでの手順まとめ【Windows10】

 

はじめに

どうも、新米エンジニアのふちです。

今回はWSL、Windows Subsystem for Linux という、Windowsでありながら、Linuxを動かすことのできる機能を使うための準備というか手順をまとめてみました。

手順

WSL機能を有効にするまで

まずは『Windowsの機能』の中にある『Windwos Subsystem for Linux』を有効化していきます。

STEP.1
コントロールパネルを開く

見つけられない方はこちらを確認してください。

コントロールパネルはどこ?【Windows10】

STEP.2
『Windowsの機能の有効化または無効化』まで進める

『プログラム』→『プログラムと機能』→『Windowsの機能の有効化または無効化』の順にクリックしていきます。

STEP.3
『Windows Subsystem for Linux』にチェック

STEP.4
インストール後再起動する

これでインストールが完了です。

WSLのパッケージを導入する

さて、お次はWSLのパッケージをWindows storeから入手します。

STEP.1
Windows store を開く

とくに自分で消していなければこのあたりにアイコンがあるはずですが、なければCortanaの検索を利用すると早いです。

STEP.2
『Linux』と検索

右上にある検索フォームで『Linux』と打ち込んで検索してください。

STEP.3
『アプリを入手する』をクリック

STEP.4
好きなディストリビューションを選択

よくわからない方は同じようにUbuntuを選択してもらえば大丈夫です。

STEP.6
選択したディストリビューションをインストール

終わったら『起動』をクリックしましょう。

STEP.7
初期設定をする

最初は少しだけ時間がかかります。

まずはユーザーネームを決定します。
書いてある通り、Windowsのユーザーネームとは関係ないのでここで好きに決めてOKです。

次にパスワードを入力します。
これもWindowsのパスワードとは関係ないのでここで決めてOKです。

なお、入力しても表示されないので「あれっ?」と思うかもしれませんが、見えないだけできちんと入力は受け付けられているので安心してください。
人に覗かれても大丈夫なように、という仕様です)

今入力したパスワードをもう一度入力します。
(これも見えませんが大丈夫)

パスワードの確認が成功したら初期設定完了です。
おめでとうございます。

やっておいたほうがよさげなことなど

STEP.1
パッケージの更新を行う

まずは

sudo apt update

と入力してEnter。

これは比較的すぐ終わるんじゃないかと思います。

次に

sudo apt upgrade

と入力してEnter。

途中で『Do you want to continue? [Y/n] と聞かれるので

y

とだけ入力してEnter。

(『これくらいのの容量を使うけどいい?続ける?』というふうに聞いてきていますのでYes=y で答えてあげているかんじ)

これはそこそこ時間がかかります。数分から10分程度でしょうか。

これでパッケージ更新が完了します。

STEP.2
ホームディレクトリを変更する

別記事がありますのでこちらを参考に。

WSLにおけるホームディレクトリをWindowsと同じ場所にする

おわりに

以上、今回はWSLの導入手順をなるべくていねいに画像付きでまとめました。

私もまだまだよくわからない部分が多いので、WSLって何?みたいな部分はもっと専門のよくわかっておられる方の記事などにおまかせしたいと思います。

しかし、単純な導入までの手順くらいならとにかくていねいにまとめることはできるので、そのへんに力をいれていきたいと思います。

参考URL

Windows 10でLinuxプログラムを利用可能にするWSL(Windows Subsystem for Linux)をインストールする(バージョン1803対応版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください