ウェブデザイン技能検定(3級)を受験してきました


はじめに

本日、ウェブデザイン技能検定の試験日でした。
私は初めて受験するということでまずは一番下の級である3級から受験することにしました。

ウェブデザイン技能検定(公式HP)

合格率は6~7割程度と言われており、実技・学科ともに7割以上の得点率で合格となります。
また、実技・学科ともに合格しなければその級の合格とはなりません。

出典:http://www.webdesign.gr.jp/kentei/summery.html

 

当日の日程

試験は実技試験から、10時30分スタート

個人的には学科試験→実技試験というイメージなのですが、実技試験から始まって、次が学科試験という流れでした。

実技試験が10時30分~11時30分(受付開始:9時30分 試験説明:10時00分)

学科試験が12時00分~13時00分(受付開始:11時45分 試験説明:12時00分)

このようなスケジュールで、昼ごはんを食べるほどの時間的余裕は無いかもしれません。

どうしても食べたければ実技試験を早く終わらせ(30分経過したら退室可能)、時間を作ったほうが良いでしょう。

試験の感想

実技・学科ともに時間は余裕アリ

試験時間ですが、実技は60分、学科は45分です。

実技試験は6問中5問を選択して回答しますが、いずれも10分あれば十分に確認まで行える時間だと思います。
そのため、5問×10分と考えて50分と、この配分でも10分の余裕があるくらいです。

学科試験はより余裕があります。
試験時間は45分間ですが、問題は25問で、1問あたり1分もかからない程度の難易度のため25分もかかりません。
時間のかかる計算問題などがないため、退出可能となる30分経過後には終了し退出することができるでしょう。
余裕をもって終わっているはずなのでしっかりマークミスなど無いよう確認すべきです。

実技試験の問題はいつもどおり

ウェブデザイン技能検定の過去問は直近のものが3回分公式HPに掲載されていますが、実技試験に関してはここ数回は同じ問題が出題されています。

使用する素材やファイルなどは公開されていないため、同じものを解いて準備することはできませんが、販売されている問題集にほぼ同じような形式のものが出題されていたりしますので(こちらは素材類も配布されている)、それを解いて準備していればどうということはないように思いました。

今回もおそらく全く同じものが出題されていたため、この形式をしっかり対策しておけばほぼ100%得点できると思います。

ちなみに6題中5題を選択して回答しますが、誤って6題回答してしまうと減点されるようなので気を付けましょう。

なお難易度としては非常にやさしいと思います。
基本的なことを勉強しておいて、できれば問題集の模擬問題を解いておくことができれば余裕でしょう。

学科試験は一部過去問からの出題あり

学科試験は実技試験のように丸々同じ問題、とまではいきませんが、ここ2年分の過去問を解いたところ、全く同じ問題も数回出ていることがわかりました。

実際今回の問題もいくつか見たことがある問題だったので、過去問はしっかり解いておき、間違えた問題や悩んだ問題はまとめておくとよいでしょう。

また数問ですが、公式テキストや過去問を解いた限りでは知りえなかった問題も出てきたので、実務経験がない方、独学で受験した方はいくつか全く分からないものもあったかもしれません。
私も勘で回答したものがいくつかあるので少し不安があります。

そういった問題が少し多めに感じたので、個人的には過去問よりも若干ですが難しく感じました。

その他の情報

  • 解答速報は翌日公式HPで発表されるらしい。
    他の試験でよくあるスクールなどの解答速報のようなものはまずないと思ったほうが良い。
  • 合格発表は約1か月後、公式HPで(正確な日付は公式HPに記載されている)。
  • 試験当日の持参品は受験票(郵送されてくる)、身分証明書、筆記用具。
  • 実技、学科ともに試験開始30分経過後から退室が可能。ただし、終了10分前からは退室不可となる。
  • 実技試験で使用可能なエディタはメモ帳(Windowsアクセサリ)、TeraPad、サクラエディタ、Sublime Text。
  • 実技試験で指定されるブラウザはMozilla Firefox、Google Chrome、Microsoft EdgeまたはInternet Explorer。

おわりに

今回、ウェブデザイン技能検定3級を始めて受験してきたので記事にしてみました。

受験を検討されている方は参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください