私の使っているサブスクリプション(定額制)サービスたち


はじめに

みなさん、サブスクリプションサービスはなにか使っていますか?

このように問いかけてもサブスクリプションというものが何なのかわからない方がまだまだ多いみたいですね。

『サブスクリプションというと定額制を表すことばで、『音楽聴き放題で月額1000円!』みたいなアレですね。

今回は私が現在利用しているサブスクリプションサービスをサクッとご紹介してみたいと思います。

サブスクリプションに関するデータ

まずまだまだ認知率などの低いサブスクリプションサービスに関するデータを調べてみました。


出典:https://ecclab.empowershop.co.jp/archives/54379

このデータは20代の男女1217名の調査結果のようですが、知っている人は僅か1割未満、聞いたことある人を合わせても3割にも満たないというのが現状のようです。

ここ1、2年でかなりサブスクリプション型のサービスなどは増えてきていると思うのですが、まだまだ言葉自体の認知率は低いようです。

出典:https://ecclab.empowershop.co.jp/archives/54379

次のデータは同じ対象にサブスクリプションサービスの説明をした上で、利用経験を尋ねたデータですが、これを見ると現在利用している+以前利用していた人の割合はサブスクリプションという言葉を聞いたことがある人よりも多い、つまり少なくとも言葉の意味は知らないけれど実は利用していた、という人もいるという状況が見て取れます(知っている&利用していない人もいる可能性がありますし)。

私はちょっとでも気になったものはとりあえず試してみるタイプの人間なので比較的いろんなものを試したことのある方には入るんじゃないかなという感じです。
まぁメジャーなものが多いんですが…。

利用中のサブスクリプションサービス

Amazon Prime

月額:400円
※年間契約:3900円(325円/月)

言わずと知れた超有名なサブスクリプションサービスですね。

私が加入した当時はただ単純に送料無料になるとか、早く届くお急ぎ便が使える、みたいな本当に配送に関するサービスだけだったと思うのですが(正直ずいぶん昔なのであまり覚えていない)、買い物だけでもamazonさんにはずーっとお世話になっているので、感謝の気持ちも込めて一度も抜けることなく利用し続けています。

今となってはこの会費だけでめちゃくちゃいろんな特典が受けられる超絶オトクなサービスになったので、もはや全人類加入すべき、というか加入してない人がなぜいるのか不思議なくらいのサービスに成長しています。

Prime会員なら無料で受けられるオススメの特典

  • Prime Video:映画やTV番組見放題
  • Prime Music:100万曲以上の楽曲聴き放題
  • Amazon Photos:写真を容量無制限で保存可能
  • Prime Reading:対象Kindle本が読み放題

特に動画配信や音楽配信に関してはそれ単体で月額1000円位のサービスがメジャーですし、月額約300円でこれらの特典がまとめて享受できるAmazon Primeサービスはマジで最強です。

だいたい1ヶ月無料期間とかを設けてくれているはずなので、少しでも気になった方はここからサブスクリプションサービスを試してみるのがオススメです。

Apple Music

Apple Music

月額:980円
年間契約:9800円(816円/月)

こちらも有名なAppleの音楽配信サービスです。

私はiPhoneユーザーであり、通勤中も勤務中も基本ずっとミュージックAppで音楽を聞いているのでほぼ毎日利用しています。

先ほどのPrime Musicももちろん使えるのですが、ストアで販売されていない楽曲なども聞きたいので、CDから取り込んだ楽曲とApple Musicで配信されている楽曲を混ぜてプレイリストを作ったりしたい、という使い方からこちらを契約しています。

もともとは3ヶ月間の無料体験で使ってみて、気に入ったのでそのまま使っているパターンですね。

私のようにiPhoneユーザー、聴き放題サービスで配信されていない楽曲をCDから取り込んで一緒に聞きたい、という方におすすめできると思います。

YouTube Premium

YouTube Premium

月額:1180円

こちらも超有名所、動画配信サービスの王様YouTubeの有料会員です。

いくつかの特典がありますが、まぁなんと言っても一番大きいのは広告が表示されなくなる点でしょう。

私の場合は平日数時間、休日2桁時間視聴することも多いのでサービス開始とともにすぐ加入しました。

実はまだ無料トライアル中なので課金はされていないのですが、広告なしに慣れきってしまったし、なんと言ってもものすごくお世話になっているので喜んで課金し続けたいと思います。
(まぁ貧乏人からするとちょっと高いなーという感は否めませんが…w)

ちなみにiPhoneユーザーはWebから登録しないと金額が高くなってしまう点に注意です。以下の記事でも扱っていますのでどうぞ。

広告なしでYouTubeを見れる!さっそく YouTube Premium に登録!

iCloud

iCloud

こちらもiPhoneつながりで、クラウドストレージを利用しています。

iPhoneだけでなく、iPad、MacBook Proを利用しているので、同期をとるために200GBを契約しています。

どうしても写真が多いと50GBでは足りなくなってしまい…。

50GBで十分な方は130円/月で利用できるのでおすすめです。
バックアップにも使えて安心できますよ~。

Evernote

Evernote

Evernote
開発元:Evernote
無料
posted withアプリーチ

月額:600円
年間契約:5200円?

メモアプリでも特に有名だと思われるEvernoteです。

料金に関して、今は無料会員である『ベーシック』有料会員である『プレミアム』の2択ですが、以前まではその中間の『プラス』というプランが用意されていました。

料金も月額350円(年契約で月あたり約260円)と、安価でちょうどよかった(プレミアムはなかなか容量を使い切れない)のですがなくなってしまったようです。
(私のように廃止前からプラス会員で契約しているユーザーはそのままプラス会員で継続できています。)

…しかし実はプレミアム会員からプラス会員にダウングレードできる方法があるみたいで、ココには書きませんが、これをすれば今からでもプラス会員になれるようです。

情報を管理するのには非常に優秀なメモアプリなので興味のある方はダウングレード法でプラス会員を試してみては?

Office 365

Office 365

月額:1080円
年間契約:10800円(900円/月)

こちらもかの有名なMicrosoftのOffice(WordとかExcelとかを総合した呼称)のクラウドサービスです。

こちらは各ソフトの最新版が使用できる上、クラウドストレージであるOneDriveの容量が1TBもついてくるお得なサービスです。

クラウドストレージの1TBはそれ単体で月額1000円レベルなので感覚的にはストレージにOfficeが付属してくる、くらいの感覚で使っています。

クラウドストレージをどこにするか迷っている方には是非オススメしたいですね。

Gyazo

Gyazo

月額:490円
年間契約:4680円(390円/月)

画像をキャプチャして容量無限のストレージとして利用したり、簡単に共有できるスクリーンショット共有サービスです。

私の会社でも利用されていますし、個人で有料アカウントを契約しています。

無料会員でもスクリーンショット共有は可能ですが、一覧画面で最新の画像10枚しかURLが確認できないので、保管サービスとして使うのはほぼ不可能です。

有料会員になるとGyazo中でテキスト・矢印・図形・モザイクの挿入などの簡単な編集をして共有することができるようになりますし、一覧画面ですべての画像が確認できるようになります。

私はGyazoに画像をアップして、ブログの画像はそちらを参照するような使い方もしていますね。

Xserver




月額:1080円

このブログのサーバとして利用させてもらっています。

ということでブログはずっと続けていくつもりですのでひとまず解約の予定は全く無いですw

ブログを始めたい人によくオススメされているサーバですし、使っていて特に不満に思ったこともないので安定の選択肢かなぁという感じですね。

Nintendo Switch Online

Nintendo Switch Online

月額:300円
年間契約:2400円(200円/月)

Nintendo Switchでオンライン接続する際に必須となるサービスですね。

一応スマブラを購入した際に加入したのですが、2回しかつないでないという…w

しかしさすが任天堂、子供もターゲットにしているからでしょうが、年間契約であれば月額200円というサブスクリプションサービスの中でもかなり安めの設定になっています。

ということで基本的にあまりオンラインはやらないのですが感謝の課金をさせてもらっています…。

ちなみにオンライン以外にもセーブデータのクラウド保存ができたり、ファミリーコンピューターのゲームがSwitchで遊べたりなどの特典もあります。

PlayStation Plus

PlayStation Plus

月額:514円
年間契約:約5140円(約430円/月)

こちらはPS4でオンラインを楽しむ場合に必須となるサービスですね。

対象となる年齢層からか、Switchの倍程度の金額です。

なお私はPS4もそんなにオンラインやらないのでわりと無駄にしてますw
(さすがに月500円を無駄にし続けるのは辛いので、しばらく予定がないときは抜けたりしてますね)

こちらも対象ソフトの割引サービスや、フリープレイなどの特典が用意されています。

かつて利用していたサービス

ココから下は以前利用していたけれど、様々な理由から今はやめてしまったサービスです。

ちなみにおすすめできないものは載せてませんので、いずれも良かったと思っているサービスです。

ニコニコ動画プレミアム

ニコニコ動画プレミアム

月額:540円

ニコニコ動画のプレミアム会員です。混雑時の低画質モード回避、動画視聴時の割り込みや広告の停止、マイリスなどの上限アップと、ニコニコ動画をよく視聴する方であれば必須とも言えるサービスだと思います。

YouTube Premiumの半額程度で利用できるのがいいですね。まぁこちらのほうが昔からありますのでやすいと言うよりはこちらが基準な印象ではありますが。

やめてしまった理由としてはそもそもニコニコ動画自体を見なくなってしまったからですね。
見なくなってからも放置してたのでしばらくは課金されてたと思うのですが(雑)、課金に使用していたクレジットカードが期限切れになって気づけば解約となっていましたw

kindle Unlimited

月額:980円

kindleの書籍読み放題サービスになります。

kindle端末を持っていなくても、kindleアプリから利用することができます

かなりの数の本が読めるので、毎月本を1冊買うと思えば(むしろそれより安い)、決して高くはありません。

大人になっても勉強し続けることが必要な世の中になってきているので、ぜひ利用したいサービスですね。

にもかかわらず解約してしまった理由としては純粋に1ヶ月1冊すら読めない状態が続いたため、ですね。ここで扱っていない書籍を普通に購入するとそれを読むのが手一杯で、読み放題サービスに手を付ける余裕がなくなってしまったので解約しました。

しかし、対象の書籍でほしいと思うものがあればすぐにでもまた契約すると思います。だって普通に1冊買うより安いんだし。

Audible


月額:1500円

これは使っていてかなりいいと思えた、本を聴くサービスです。

どういうことかと言うと、書籍を音読してくれている音声データを聞くことができるものになります。機械が読み上げるのではなく、きちんとした人間が、聞き取りやすいリズムで音読してくれるので、思った以上に快適です。

おまけに0.5倍速~3.5倍速の速度調整も可能で、数日くらい聞いて慣れてくると3倍くらいでおおよそ聞き取れるようになります。

なんと言っても手ぶらで音楽を聞く代わりに本を読める(というか聞ける)ようになるので、なかなか本を読む時間のない人でも通勤時間などを利用して本のインプットができるようになるという点が素晴らしいですね。

解約した理由は金銭的な理由です。聴き放題というわけではなく、会員になっていると毎月1冊と引き換えられるコインが1枚もらえて好きな本と引き換えられる、という感じなんですよね。
つまり1ヶ月1冊が無料で聴ける、その月のうちに2冊目以降がほしければ、定価の3割引価格で購入できるので追加で支払って購入する、というようなしくみになります。

逆に言うと無料会員でも定価でAudibleタイトルを購入すれば聴くことができます。つまり有料会員は毎月1冊無料+割引で追加の本が購入できる、というサービスが享受できる点がメリットなわけですね。
当然1500円以上するタイトルも月1冊無料で引き換えることはできるので高いものを引き換えるとそれだけオトクな感じはします。

また、会員の特典として本の返品が可能な点が挙げられます。購入後365日以内であれば、本を返品することができるのです。ただし、これは次のように説明されています。

Audible会員の皆様には、会員特典の1つとしてタイトルを購入後365日以内にご返品いただけます。

当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。
本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください

出典:https://audible-jp.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/9593/related/1

つまり、読み終わったから返品して新しい本を購入する、みたいな使い方は推奨されていないというわけです。あくまで気に入らなかった場合に返品できますよというわけですね。
ココは注意しておきましょう。

ということでちょっとリッチなサービスではありますが、音楽のように本が聴けるこのサービスは近いうちにまた契約再開したいと思っている程度には良かったです。

ちなみに現時点で1ヶ月無料のトライアルがありますし、1冊無料で引き換えられるのでとりあえず体験してみるのがオススメです。
引き換えた本は退会してもずっと読めるので実施中に一度経験してみてほしいですね。

おわりに

以上、私の使っているサブスクリプションサービスたちのご紹介でした。

メジャーなものがほとんどですが、そもそもサブスクリプションサービスを利用していない方のほうが多いみたいなので、まずはこのあたりから興味を持ったものを試してその良さを感じてほしいなと思いました。

ちなみにこれらのサービスはその多くが『最初の1ヶ月無料!』みたいなことをやっているのでまずは試してみる、というのがおすすめです。
(その場合はスケジュール帳の1ヶ月後のところにちゃんと必要であれば退会することを書いておきましょう!)

だいたいが「ぜひ使ってみてくれ!」というスタンスなので、無料で試してみて金額に見合うと思えば継続して課金すれば良いし、見合わないと思えば無料が終了する前に退会しておけばいいだけです。

最近は車、医療、食料などの界隈でもサブスクリプション会員が享受できるサービスなどが増えてきていますし、今後も増加の一途をたどると思いますので早いうちにトレンドに乗っておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください