世界遺産検定2級 受験に向けて

どうも、今週末に世界遺産検定2級を受験予定です。

世界遺産検定に関してはこちら

なぜ受けようと思ったか

あまり理由はないです。

  • 歴史系の学問には興味があった
  • 地図を見るのは好き
  • クイズ(競技クイズ)に興味を持ち始めた
  • 脳細胞が死にすぎ

高校までで「歴史好きだ」って思ったことはなかったんですが、なんか最近面白いですね。
クイズやり始めた関係かもしれませんが…

地図を見るのは好きだったので、国の名前を覚えたり、首都を覚えたりしたことはありました。
高校に地理の授業がなかったので、ちゃんと勉強したことはありません。

クイズはテレビ番組『東大王』から始まり、出演者の伊沢さんが編集長を務める『QuizKnock』に出会って興味を持ちました。
…まだ全然ですけどね^^;
世界遺産の勉強をすることで多少はクイズにも活きるかなと。

あとは単純に最近の物覚えが悪すぎるのでなにか脳を使いたいと思って、ってところでしょうかw

3級との差は?

今回受ける2級がはじめての受験ですが、まだ何級を受けるか決めていなかったときに、3級のテキストと3・4級用の過去問も買っていたのでそちらから取り組んでいました。

3級と2級は出題範囲が異なっており、3級は日本以外の遺産は100種類が対象であるのに対し、2級は300種類が対象です。

https://www.sekaken.jp/example/detail.html

実際、200の差はかなりのものですし、重複している日本の遺産や、世界遺産の基礎知識といった範囲も3級のものより細かく問われるので純粋に難しいです。

3級のテキストをだいたい読んでから過去問に挑戦したところ、3級・4級ともに4回分全部合格ラインを取れたため、2級を受けることにしました。

大人ならば最初から2級でいいと思います。

勉強の進捗は?

今はわりと自由な時間が取りやすい環境にあるので毎日ぼちぼち勉強しています。

正直3級よりもはるかに覚える内容が多いのでかなり苦戦してはいます…。

過去問を解いてから教科書に戻ったり、キーワードをまとめたりという作業をしていますが、ある程度やらないとなかなか安全圏まで上がらないですね…。


ここまでの過去問の成績(pointsが取った点)

ようやく60は超えてきましたが、まだまだキーワードと遺産の名称が結びついていなくて落とすところがかなりたくさんあります。

ただ、聞いたことがないキーワードや遺産名称はあまり出てこなくなってきたので、やはり数をこなすことが大切でしょうね。
(過去問は本を買わなきゃいけないのが辛いところですが)

あと数日しかありませんが、ひたすら残りの過去問を解きながら、紐づけておくべきキーワードを単語帳などを使って記憶していく作業をしていこうと思います。

試験が終わったら

とりあえず検定に合格することがゴールではないので、勉強を定期的にしながらなるべく忘れないようにしていきたいですね。

もし合格なら1級を目指して勉強していきたいですし、落ちても次また2級を受けてみようと思います。

あとは、過去問を参考にした問題を出してみたり、覚え方を紹介してみたりなど、受験を考えている人(+クイズ関連でブログにたどり着いた人)の助けになる記事も作成出来たらなと思っています。

おわりに

以上、世界遺産検定2級受験を目前に控えた今の様子をご紹介しました。

もし受験される方がいらっしゃったらともに頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください