『東大読書』を読んだら読む力と地頭力が身についた…?【読書感想】

『東大読書』

今回はこちらを読んだので書籍レビュー……いや、そこまで大層なものではありませんが、感想を記事にしたいと思います。


『東大読書』を読むと地頭力を鍛える読書法がわかる

まずは概要を見ていきます。

著者はどんな人?

この本の著者はタイトルである『東大読書』からわかるように東大に関わっている方ですね。
関わっている、というか現役の東大生でした。

この方はもともと成績が良かったわけではなく、高校3年時は偏差値35だったそうです。
もちろんそのような成績で東大に合格するわけがなく、2年連続の不合格、つまり2浪したらしいのですが、その間に効果的な読書法を発見し、それによって成績を伸ばして結果的に東大に合格した、というエピソードが記されています。

サブタイトル?にもあるように、この読書法によって『地頭力』も鍛えられるんだ、という主張をしています。
読書法を変える事によって読む力だけでなく、地頭力も鍛えられるのであればそれは嬉しいですよね。

本書では『読む力』と『地頭力』を身につけるための読書法が、複数のステップにて紹介されています。

『地頭力』と『読み込む力』を身につけるのに必要な5つの力が身につく

本書では、次のようなことが紹介されています。

東大生は『地頭力』と『読み込む力』という2つの力を持っている
そしてこの2つの力は読解力、論理的思考力、要約力、客観的思考力、応用力という5つの力が支えている

本書では5つのステップにて読書法が解説されていますが、それぞれのステップで各『力』が鍛えられるようになっています。

具体的にどう読んだらいいのかがしっかりと書かれている

たとえば、先ほどの5つの力のうちの『読解力』に関しては、本や文章が読めない問題の原因の9割は、準備不足にあるということをまず指摘したうえで、では準備とは何をすればよいのかという疑問に対し『装丁読み』と『仮説作り』を行いなさいという回答を示しています。

これらを簡単に説明すると、『装丁読み』というのはタイトル、カバーや帯コメントから情報を拾い上げること、『仮説作り』は本を読む目標を立て、目次を見ながら目標を達成するための道筋を考え、また読み始める時点の自分の立ち位置をまとめておくことで、スタート地点とゴール地点、そこに至るまでの道筋を意識しながら読み進められるようにすることです。

多くの方はタイトルや帯コメントなどにさらっと目を通しはするものの、あまり意識して深く考えたりしたことはないんじゃないでしょうか。
また、本を読む前に現状を考え、そして読み終わった時にどうなっていたいか(目標)を考えてから読み始めるなんてことはしたことがないんじゃないでしょうか。

このようになんとなく読んでいるだけでは意識できていなかった、内容を読み込むのに必要なことをそれぞれのステップで教えてくれます。

『東大読書』を読んだ感想や気に入った部分など

本を『読んで』はいけない

(前略)ここで1つ、重要なことがあります。それは「本を読まないでほしい」ということです。優れた読解をする人は、決して本の読者にはならないんです。(中略)本当に読解力を身につけ、本の内容を自分のものにするためには、「読者」ではなく「記者」にならなければダメなんです。本を読むのではなく、本を取材しなければならないんです。

東大読書 より抜粋

以上は『取材読み』という、論理の流れをクリアに見るためのテクニックが紹介されている部分からの抜粋なのですが、面白い表現だと思いました。

『読書』とは言うけれども、内容をしっかりと理解するためには『読者』ではなく『記者』になるべきだと。
これは本を読んで「へぇ~」って言いながら漫然と読み進めているだけだと内容は身につかないので、しっかりと書かれていることに対してその背景や根拠に質問や疑問を持ちながら読むことが大切なんだということを表現しています。

いろんな勉強会や学会などでも、質疑応答のコーナーで質問ができる人とできない人がいると思います。「何を質問すればいいんだろう」と思ってしまう人は読書においても普段からこういう読み方をしていないので、常に質問を考えながら話を聞く事ができていないんでしょうね。私もそうです。だからこういう会合に参加してもあまり身になっていなかったのかなぁと……。

『読書は著者との対話である』というような表現をどこかで見たことがありますが、確かに人と会話するときには相手の話すことに関していろいろ想像し、質問したりしますよね。一方的に聞いているだけでは対話になりませんし、この表現からも読書は読むだけでなく、こちらも質問や疑問をもつといった『行動』をしながら読む必要性が感じられます。

『わかった気になっていた』からすぐ忘れていたのかも

みなさんは、本を読む上でいちばん気をつけなければいけないことは何だと思いますか?(中略)正解は、「わかった気になってしまうこと」です。(中略)「その本で著者が何を伝えたかったのか」を一言で言い表すことができなければ、「わかった気になっている」と同じなんです。

東大読書 より抜粋

本ってだいたい長いですよね。もちろん種類によりますがビジネス書だと短くても100ページ以上、この東大読書も300ページ弱あります。長いからこそ読み終えたときは達成感があって、なんかいろんなことを知った気になってしまうんですね。
でも本当にいろんなことを知ることができたのでしょうか。理解できているのなら短い文章で要約することができるはず。要約できないならばそれは内容を理解できているとは言えない、という主張です。

短くまとめられるということは、その本の特に大事な点をしっかり理解していて、かつそれを上手にまとめられるということですね。そう考えると、たしかに要約できないということは、何が大事なのかがわかっていないということになってしまいます。

これができるようになるために本書では『要約読み』を推奨しており、これは節や章ごとに内容を咀嚼して30字でまとめてみよう、とか全体のまとめを140字以内で作ってみようといったことが書かれています。ツイッターでのツイート文字数上限がいい具合なので、読んだ本の要約をツイートするのもいい方法だね、と紹介されています。

本を2冊同時に読むという発想はなかった

本書では『検証読み』という2冊の本を同時に並行して読み進めることを勧めています。

「いや、本1冊読むのも大変なのに2冊同時なんて無理だよ……。それに双方の内容がごちゃごちゃしちゃいそう……。」

私は最初このように思いました。

著者は『検証読み』を推奨するのに次のような根拠を示しています。

  • 意見の偏りを避けられる
  • 受け身の読書を避けられる
  • ある本ではわからないことも、別の本でわかることがある
  • 科学的にも記憶に残りやすい
  • 『考える力』が身につく

別の角度や別の視点・別の文章で出てきた、いわば「未知の情報」の中に「何度も見ている情報」があったほうが、海馬は「重要な情報だ」と判断しやすいのです。「新しい角度からの復習」のほうが効果があるということです。

東大読書 より抜粋

こちらの引用部分が「科学的にも記憶に残りやすい」という部分の根拠なのですが、確かに同じ事柄に関して書かれた2冊の本を読むほうが記憶には残りやすそうです。

勉強の話だと私は高校時代英語が得意でしたが、英単語帳は同じものを何周もするのではなく、複数冊を1,2周ずつ回す感じでやっていました。その方が「あ、この単語あの本でもできてきたな~」というような刺激があるので記憶に残りやすいと感じていました。
単語だから時間を空けても覚えていられましたが、本の内容ともなると忘れやすいので、時間を空けずに同時進行くらいで読まないとダメなんですね。

ちなみに辞書で調べることも検証読みの一部だよという事が書かれていました。
わからない単語を、辞書というわかりやすく説明してくれる本を用いて調べる、なるほどそう考えることで検証読みは意外と身近なものだったんだ、と感じさせてくれました。

『東大読書』のまとめ

最後にまとめです。

まとめ

  • 本は読み方次第で『読む力』だけでなく『地頭力』も鍛えられる
  • その読み方が5ステップで、具体的な方法を交えながら紹介されている
  • 言われて見れば頷けるような部分もあるが、確かに実践できていなかったようなことが多かった

これからはもっと本を読む習慣を身に付けたいなと、そしてこの本で学んだ『読み方』を活用して様々な本からいろんなことを吸収し、しっかり取り込んでいきたいなとモチベを上げてくれる1冊になりました。

読んだだけで読み方が完全にマスターできるなんてことはありませんが、得ることが多かったので一つ一つ意識しながら自分のものにしていきたいと思います。
興味を持たれた方は是非手にとって見て下さい。ここで紹介したことは一部に過ぎませんので、きっといろんな発見があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください