ドラゴンクエストビルダーズ2 レビュー ブロックメイク系が初めてでも楽しめる!

はじめに

12月20日に発売されたPS4・Nintendo Switch用ソフト『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽ島』を遊んでみたのでその感想などを記事にしてみます。

レビュー時の状況

  • プレイ時間:10~20時間
  • 進行状況:未クリア
  • プラットフォーム:Nintendo Switch
  • 前作のプレイ経験:体験版のみ
  • ブロックメイク系の経験:マインクラフトを数時間のみ
参考 ドラゴンクエストビルダーズ2 公式HP

注意点

ネタバレに関して、ストーリーに関わるネタバレは避けますが、スクリーンショットを何枚か掲載しているのである程度の情報が含まれることにご留意ください。

どんなゲーム?

一言で言うならば『ドラゴンクエスト+マインクラフト』

ドラゴンクエストの世界で、周りのものを壊して素材を入手し、それを使ってありとあらゆるものを創造していく、そんなゲームです。

建物だけではなく、農作物を育てたり、料理をしたりすることもできます。作ったものは自分で食べて満腹度や体力を回復するのに使用したり、共に暮すNPCも日々の食事で消費していきます。

ドラクエ好きならそれだけでオススメできる!

自由に素材を使って巨大建造物を作ったりすることもできますが、ふつうにストーリーがあるので、アクションRPGとして純粋に楽しめます(ただし戦闘がメインではないので強いアクション性は求めるべきではない)。ドラゴンクエストシリーズが好きな方であればそれだけでおすすめできると思います。

戦闘アクションは『無双』っぽさも?

ちなみに制作には三國無双シリーズのコーエーテクモゲームスが関わっているので、わらわらと群がる敵をバサバサと斬っていく『無双っぽさ』を感じる部分もありました。戦闘はとりあえずボタン連打でひたすら攻撃、というのが基本ですが一応長押しで回転斬りが出せたり、相方のシドーとの連携技のようなものも存在します。

ブロックメイク系が初めてでも大丈夫!

マインクラフトに代表されるブロックメイク系(とここでは呼びますが)のゲームをやったこと無い方は「センスないからなぁ」と敬遠がちになってしまうかもしれません。

私もマイクラを数時間やったことがある程度(でやめてしまった)なので、そんなふうに思っていたのですが、ゲーム中に「○○を置いて△△を作ってみて!」というような指示がよく飛んでくるので正直苦手でも全然やっていけます。大きめの建造物も『設計図』というどこに何を置けばいいかまで具体的に書いてあるものがあったりするので、そのとおりに置いていくだけでかっこいい建物が作れたりします。

「でもそれってお遣いっぽくてめんどくさそう」と思う方はご安心を。巨大な建造物を作ることもあるのですが、これに関してはNPCが総出で勝手に組み立てていってくれます

こちらは様子を眺めていれば(むしろ放っておいて別のことしててOK)、勝手に完成していきますw ストーリー進行で必ず巨大建造物を作る機会はありますがこのように自動で作ってくれるのでなんかNPCにも愛着がわくし、苦手な人でも問題ありません。

もちろん得意な人や挑戦したい人は、ストーリーと関係ない部分で自分のオリジナルを建造すればいいだけですので全く問題ありません。自動で作れるのは『設計図』というアイテムに描かれたた通りの建造物だけです。

NPCも生活をするので愛着がわく!

ストーリーを進めるとともに生活するNPCが増えてくるのですが、それぞれが時間になれば食事をするし、トイレにも行くし、シャワーも浴びます。当然夜は寝ます。トイレにはよく列ができていて、待っている人はよく漏らしそうになったりしていますw このようにNPCにも生活感を感じるようなつくりになっていて、先程いったように建築にも関わってくれますし、とても愛着がわきます。

↑シャワーの様子を覗く下衆共

相方が頼もしい!

今作は常に『シドー』という名前の少年が相方として付いてきてくれます。ドラクエ2をやったことのある方はご存知だと思いますが、ドラクエ2のラスボスの名前こそが破壊神『シドー』(オープニングで言われるしパッケージにも書いてあるからネタバレにはならないよね…)であり、関係があるのかどうかは言及されないままスタートすることになりますが、物を壊すのが得意であるなど、いかにも生まれ変わりっぽい描写が目立ちます

結局そうなのか引っ掛けなのかはまだ現進行度合いでははっきりしないのですが、まぁとりあえずその『シドー』がともに行動し、ともに戦ってくれます。彼は主人公よりも強いのでヤバそうなら自分は逃げ回っていればザコ敵は基本的に勝手に倒してくれます

あとは主人公が採取した素材と同じものを勝手に採取してくれるので、素材集めもはかどりますね。とても助かる存在です。

アイテムは『ふくろ』で大量に持ち歩ける!

マイクラもそうだと思いますが、このタイプのゲームは持てるアイテムが限られています。今作は15個しか持てないのですが、『ふくろ』という神アイテムがあります。ふくろには300枠も用意されていて、いつでも物の出し入れができます。つまり手持ちには回復アイテムや食料、建築時に使用するブロックなどを入れておき、素材などはすべて袋に入れておけば実際にはかなりのアイテムが持ち歩けるようになっています。

出し入れはどこでもすぐにできるので実質アイテム枠が315枠みたいなもんですね。

もちろん収納箱というアイテムもあるので、持ち歩かなくて良いようなものはそこに入れておけばOKです。

この『ふくろ』はかなり序盤で手に入りますしとても快適になるのでかなりありがたかったですね。

プレイヤーレベルの概念もある

前作にはなかったようなのですが、ふつうにプレイヤーのレベルもあり、これが上がると最大HPが上昇します。攻撃力は上がらないのですが、レベルが上がると武器や防具をひらめくので、それを作成することで攻撃力・防御力を上げることができます。

なお、ストーリーの進行度合いに応じてレベルキャップが開放されていくかんじなので、あまりストーリーを進めずにレベル上げをしていると後半の経験値が無駄になってしまうかもしれません。ゲーム自体の難易度も高くないので、そんなにレベル上げを意識してザコ狩りをする必要はないと思いました。(Lv上限に達してから敵を倒すと経験値を得たような表示は出るが、溜まったりしているわけではなかった)

ちなみにデスペナルティは特に無いです。拠点に戻るだけ。

建築関連も便利なつくりに

建築に関してですが先に言った設計図に関しては、作業台で物を作る際に『どれがいくつ必要なのか』というのをわかるように表示してくれる親切設計になっています。なのでいちいち覚えたりメモしなくても、作業台で印がついているものを、表示されている数だけ作れば足りるという、とてもユーザーフレンドリーな仕様です。

また建築時も、ボタンを押しっぱなしにしながら自分が歩けば、それに伴ってブロックを連続で設置することができたり、一人称視点に変更することもできるので、建築時は適宜三人称と一人称を切り替えながらやりやすい方で作業していくと良いと思います。ちなみにこのゲームで常に一人称はちょっときつそうです。

進行不可能バグに注意!!

ここからちょっと気になった部分ですね。

実は初日からゲームの進行ができなくなる重大バグが公式より報告されています

参考 現在確認されている不具合についてスクウェア・エニックス サポートセンター

中にはゲームをはじめからやり直さなければならないものもあり、しかも発生確率が高めである(知っていれば確実に避けることが可能)こと、セーブデータが1つしか作成できないことから、かなり注意しなくてはならないものになっています。

とくに犬に関するバグはなぜ気づけなかったのか疑問が残るようなもので、せっかくの良ゲーに水を差すものになってしまいました。

公式発表されたもの以外にもいくつもバグが発見されており、その多くに対処方法が発見されているので調べれば助かるものも多いですが、こればかりは残念な部分でした。

個人的には多少のネタバレは受けてしまう可能性がありますが、進行不可能バグに関しては予め調べておいて知っておいたほうが良いかなと思いました。

ゲームの起動に時間がかかる(Switch版)

起動にちょっと時間がかかる気がしたので測定してみましたが75秒かかりました。うーん、流石にちょっと長いかな。1回しか測っていないのでブレはあると思いますが。

幸い、基本的にはスリープにしておくと思うので、その場合は一瞬で復帰できます。別のゲームを遊んだりした場合に再びビルダーズをやろうと思うとちょっと時間がかかるので面倒ですね…。

なおPS4に関しては持っていないので未確認です。

おわりに

ということでちょろちょろっとレビューと言うか感じたことを書いてみました。

ざっくりまとめると、

ドラクエ好きなら楽しめるよ!建築も快適さを考えて作られているからこだわりの巨大建造物を作りたい人にも向いているし、苦手な人でも全然だいじょうぶだよ!

って感じです。

バグが気になる、とは書きましたが、公式も早急に対応すべく動いてはいますし、じきに問題なくなるでしょう。ゲーム自体はめちゃめちゃ面白い神ゲーだと思います

Switchではスマブラも出たばかりですが、こちらもぜひやってみてほしいタイトルです。少しでも興味のある方は是非試してみてほしいです。

それでもちょっと悩んじゃう人はSwitchのパッケージ版を買いましょう。PS4よりも値崩れしにくいので、万一あわなくても高めに売れると思います。

(C)2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください