ケースに入れたまま充電ができるGoProの保護フレームを買ってみたよ


はじめに

今回は先日購入したGoPro用の保護フレームを新調したのでそのレビューを書いていきます。

言わずと知れたアクションカメラのGoProですが、その弱点はバッテリーの持ちの悪さということがよく言われますよね。
私もバッテリーは2つ追加で購入して3つで回しているのですが、やっぱりバッテリーを変えるにはフレームから出さなければいけないし、だからといって純正の保護フレームをつけたままでは充電ケーブルを挿すことができない構造になっているのでちょっと不便に感じていました。

カワウソくん

純正の保護フレームはケースに入れたままケーブル挿して充電できないんだよね……

そこで今回、装着したままでも充電ケーブルを挿すことができるタイプのサードパーティ製保護フレームを買ってみたのでご紹介します。

購入した商品

画像をあわせて紹介するよ

パッケージはこんなかんじ。まぁ特別な感じはありません。
私は HERO7 BLACKユーザーですが、パッケージにはHERO5も6も、7はWHITEもSILVERも記載されていますね。

こんな感じでつけたまま充電できるんです。

内容物はこんなかんじ。保護フレームにアタッチメント、シリコン製レンズカバーもついています。

以降の写真は純正品と並べて撮影してみました。すべて左側が今回の商品、右側が純正品です。
正直見た目はあまり変わりません。触った感じもそう変わりませんが今回の商品のほうが少しだけスベスベしている感じはします。

ちょっと違うといえばこちらの商品のほうがクッションのようなものが付いています。

正面も大差ないですね。

側面です。電源ボタンの位置も大きく切り取られ、ボタンが露出するようなスタイルになっています。

逆サイドが肝心の充電ケーブルが挿せる部分ですね。当然大きく空いています。


↑純正品は BLACK7 のロゴがかっこいいですね…。

上下は特に変わらないと思います。

そういえば純正品はこのロックがかなり硬いということが言われていますが、こちらの商品はそれに比べてだいぶ開けやすくなっていました。
ユルユルってことはないので、ちょうどいい具合かも知れません。力不足の女の人でもこれなら大丈夫じゃないでしょうか。

保護フレームに加えてレンズのシリコンカバーもつけてみました。レンズだけ飛び出ているのでつけておくと安心かもしれませんね。外出時は外した後ちょっと邪魔かなーと思うので使うかどうかはわかりませんが、保管しておく際には付けておくべきでしょうね。

カワウソくん

付け外ししやすいくらいのサイズだよ

さて、もっとも期待していた 装着したまま充電できる という部分ですが、ご覧の通り大丈夫です。
うん、これができるだけで全然違いますね。

アタッチメントのネジですが純正品に比べてちょっとピカピカしてますね。ちょっと安っぽく見えるかな?

思ったよりも作りはしっかりしている

写真はしっかり載せて紹介してみましたが、まぁ純正品と大きく変わる部分は電源ボタンと充電ケーブルの部分だけカバーが開いていて露出しているというところくらいですかね。

あとは装着時に開けるロック部分が純正品よりもゆるくて開けやすい、というところでしょう。

これらはいずれもメリットといえるのでオススメできるかなと。

個人的に純正品が勝っているポイントは側面の BLACK7 のロゴがかっこいいくらいですかね…?w

まとめ

以上、装着したままでも充電ができるGoProの保護フレームをご紹介しました。
気になっている方はぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください