『ウェブ』と『インターネット』の違いがわかりますか?

『ウェブ』と『インターネット』は何が違う?

ウェブとインターネットの違いが説明できますか?

こう聞かれるとなかなか上手には説明できないものではないでしょうか?

そう言う私もイマイチ理解できていなかったので調べながらざっくりアウトプットしてみます。

『ウェブ』とは?

例えばここをクリックすると、新しいタブで当ブログのトップページにアクセスすることができます。

このような仕組みをハイパーリンク(単純に リンク とも)といいます。

そしてハイパーリンクで繋がり合う文書はハイパーテキストという形式で書かれています。

このようにハイパーテキストがハイパーリンクによって繋がり合って、クモの巣(英語で spider web)のように広がっている、その文書公開・閲覧の仕組みのことをウェブと言います

(今となっては文書だけでなく、画像や動画など様々なものが繋がり合ってウェブを形成しています。)

補足

先ほどのハイパーリンクは『https://fuchiaz.com/』というアドレスに対して「内容を見せてくれ~」というようなリクエスト(要求)を送るものです。

『https://fuchiaz.com/』ではウェブサーバーというものが動いていて、リクエストに対してハイパーテキストと呼ばれる言葉で書かれた文書(こんなページだよ~という内容)を返してくれます。

しかしハイパーテキストで書かれた文書をそのまま見せられてもわかりにくいです。それを人間がみてわかりやすいように組み立ててくれているのがブラウザなわけです。

つまり先ほどのハイパーリンクを押すと見える私のブログは、サーバーから返されたハイパーテキストを、あなたの使っているブラウザが通訳してくれた姿、ということになります。

 

『インターネット』とは?

インターネットはコンピュータ同士をつなぐ『道路』のようなものです。

先ほどの『https://fuchiaz.com/』というページを見るためには『https://fuchiaz.com/』という場所に行くための『道路』が必要です。

初期は近くのコンピュータ同士をつなぐための仕組みだったようですが、遠く離れた場所のコンピュータとも接続して情報をやり取りできるようになったら便利だよね、というアイデアから技術が発展していき、今のように世界をまたぐ規模の『道路』=インターネットが形成されました。

『ウェブ』と『インターネット』の関係性

これは現実世界の『家』とそこに行くための『道』のような関係であると思えばわかりやすいのではないでしょうか。

インターネットがあることによってはじめて離れた場所にある『https://fuchiaz.com/』といういわば私の『家』に、みなさんが訪問し、家にあるブログ記事を要求して、私の家のウェブサーバーが要求された記事を読めるように返してくれている、そんな関係です。

世界各地に広がったインターネットという道のおかげで、離れた場所にあるコンピュータにアクセスできるし、ウェブの仕組みのおかげで情報を要求して返してもらったり、リンクをたどって容易にページを渡り歩く事ができるわけです。

補足

『離れた場所にあるコンピュータにアクセスできる』という言い方をしましたが、この意味がよくわからない人がいるかも知れません。

『https://fuchiaz.com/』というアドレスは住所のようなものですが、この住所には私がエックスサーバーというところから借りているコンピュータがあります。そのコンピュータの中で『FuchiAz.com』というサイトを動かしているのです。みなさんはこのアドレスにアクセスすることで私のコンピュータのところまでやって来て情報をリクエストしていることになります。

インターネットは情報の『道』、ウェブはページを見るための『仕組み』

結論としては以上のようになります。

苦手な人でもなんとなーく掴めたのではないでしょうか。

なお私もまだまだ未熟なので間違いに関しては指摘いただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください