アクションゲー苦手だけどPS4版『God of War』を買ったので軽く紹介してみる

はじめに

4月20日に発売されたPS4用ソフト『God of War』を買ってみました。

シリーズ化されているタイトルだそうですが、これまで触れる機会もなかったため私は知らず、twitterでプレイしている人の画像つき感想ツイートを見て初めて興味を持ちました。

私自身、以前よりこういったアクションゲームに興味は持っており、『DARK SOULSⅢ』、『Bloodborne』に挑戦したことがあるのですが、残念なことにゲームはあまり上手ではないのでこれら2つのゲームは開始早々挫折してしまいました…。。

軽く調べてみたところ、God of Warは難易度設定もある上、Normal難易度であれば前述した2つのソフトよりも難易度は低いとのことであったため、自分にでもできないかなぁと期待して購入しました。

なおCERO:Z(18歳以上対象・バイオレンス要素)ですのでご注意ください。

公式HPへ

ポイントごとの印象・要素の解説

ゲームはダウンロード販売で購入することが多い私ですが、初挑戦するタイトルでもあるのでディスク版を購入しました。無理なら売れるようにw

ちなみに現時点でプレイ時間は20時間くらいだと思います。まだ全然クリアとは程遠いですが、なんとなくこのゲームについて感想を書ける程度には遊んだので記事を書いています。

なお、現時点では『かなり面白く難易度もちょうどいい良ゲー』に感じています。

グラフィック

とてもきれいです。

他タイトルとの比較と言っても難しいですが、一番最近ハマっていたモンスターハンターワールドと同じくらいの美しさはあると思います。

シームレスにムービーに入って、そのまま操作可能状態に戻ったりするので、ほかでよく言われている言い回しをしますと映画をそのままプレイしているという、まさにそういった印象です。


キャプチャ画像では美しさが伝わらないのが残念だが、細部まで細かくデザインされている。

難易度

Normalでプレイしています。下にはEasyもあり、どうしても倒せない敵が出てきたときには下げれるという安心感があります。

ただし、現時点ではまだ難易度を下げることなく進めることができています。もちろん何度かゲームオーバーになりつつ、ではありますが、ゲームオーバーになってもすぐその敵の手前から再挑戦できるようになっているので、あまり負けることのデメリットがありません。

『DARK SOULS』や『Bloodborne』は倒されると経験値を全て失ってしまうという大きなデメリットがあったので、やられることを恐れてなかなか挑戦ができなかったのですが、本作はその怖さがないので気軽に挑戦ができます。

また、敵の動きもよく見ていれば攻撃パターンがわかりやすくなっていたりするので、再挑戦を繰り返すことでだんだんと上手に戦えるようになっていく感じが味わえます。

また息子のアトレウスと共に戦っていくのですが、この子が非常に優秀で、敵の妨害をしてくれたり攻撃してくれたり戦い方のヒントをくれたりします。おまけに不死身です。

戦闘外でも迷っているとヒントをくれたり、まだ現時点では攻略できないギミックに挑戦していると「まだ今は無理みたい」といった発言もくれるので無駄に時間を浪費することも防いでくれます。

そのおかげで変なところでストレスがたまりにくいのも非常に評価が高いです。

戦闘システム

主人公は素手攻撃に加えて、リヴァイアサンというオノを武器として使用します。

攻撃には普通に斬りかかる(殴りかかる)ものに加えて、オノであれば投げて遠距離武器として使用することができたり、ルーンという特殊なアクション攻撃も存在します。

オノを投げるのはブーメランみたいな感覚ですね。投げた後△ボタンで手元に戻ってきますので無限に使用できます。ギミックを動かしたりするのにもこのオノ投げアクションは非常によく使用します。

攻撃には弱攻撃・強攻撃といったスキの大きさや威力が違う攻撃の使い分けもあり、またダッシュしながら、ステップ移動しながら の攻撃で攻撃アクションが変化したりと、幅広い攻撃パターンが用意されています。

回避もステップ移動やローリング回避があったり、単純にダッシュ移動で回避したりと複数の回避手段がありますし、盾も持っているのでガードも可能、敵の攻撃に合わせてガードすればパリィというカウンター的な要素を発生させることもできます。これは少し難易度が高いですが、タイミングはそれほどシビアではないので他ゲーのパリィに比べるとやりやすい方であるとは思います。上達が感じやすいかもしれません。

こういった多彩な攻撃手段に加えて、□ボタンで息子に攻撃指示を出すこともできますし、こう聞くとかなり複雑そうには思いますが、私でも楽しめているので少々アクションゲーが苦手なくらいなら問題ないんじゃないかなとは思います。もちろんあたふたすることはありますけどね^^;

またもう一つ特徴は回復手段にあると思いました。所有していつでも使えるような回復薬は存在せず、敵を倒したりフィールドのオブジェクトを破壊したときに地面に落ちる即時回復アイテムしかないというところがポイントです。回復手段が限られるのであまりダメージを食らいすぎるとちょっと厄介だったりします。なお、回復魔法のようなものは存在しますが、そんなに回復しません。

唯一持ち運べる回復系アイテムとしては1つだけ持てる復活用の石があり、HPが0になったタイミングで自動発動して1度だけ復活できます。序盤で買えるようになりますが、保険として常に持ち運ぶことになると思います。なお1個しか持てません。


こんな大きな敵との戦闘も。

成長システム

Lvというのは存在しませんが、敵を倒したりストーリーを進めると経験値は手に入ります。

この経験値、アクションの開放やルーン(特殊攻撃的な)の威力増強などに使用します。また倒れても失うようなことはありません

そのため序盤は攻撃も単調なものしかありませんが、次第にいろんなアクションが解放されていくので少しずつ戦い方の幅が広がって楽しいと思います。覚えるにも一気にできることがあるよりは順々に覚えていけるので初心者にもやさしいです。


経験値を使ってアクションを開放することができる。

装備

武器に関しては素手と最初から持っているオノの2種類しかありません。息子はナイフと弓を使いますが、「弓打て~」という指示が出せるだけなので(照準を合わせたりはできるけど)、素手とオノだけだと思っていいと思います。なお、素手とオノは十字キーで瞬時に持ち替えができますし、オノは投げた後呼び戻すまでは素手になります。

現時点ではほとんどオノで戦っています。投げることもできるので遠距離からちょびちょび削ることもできるし、派手に戦いたいときは近づいて斬りあいやパリィを楽しんでいます。まれにオノが効かない相手がいたりするのでその時は素手で戦うこともありますが…まぁほとんどないですね。

店もあるのですが、武器は新しいものを買うことができないので改造のみです。しかも武器改造はストーリーを進めて特定のタイミングで手に入る強化用アイテムを使わないと強化ができないので、だれがやっても同じタイミングでしか強化はできません。

防具に関しては『上半身』『腕』『下半身』という3か所に装備ができます。また装備品は宝箱から手に入ったり店で購入することができ、素材があれば強化ができます。防御力やその他のステータスが上昇したり、呪力孔という孔が開けられるものもあり、呪力孔には呪力というパワーアップ用のアクセサリ的なのを装備して強化することができます。FF7のマテリアみたいな雰囲気ですね。あれはステアップだけではなく魔法もメインでしたが。

あとはルーンという固有技を繰り出すために装備するアイテムや、息子が装備できる召喚技用のアイテムなんかも装備品ですね。最初は少し覚えるのが大変かもしれませんが、比較的シンプルなのですぐに慣れるでしょう。

謎解き要素

 

軽めの謎解き要素はちょこちょこあります。まぁ軽いんで『謎解き』というほどでもないようなのも多いですが…。

私は謎解き要素もあまり得意ではなく、ゼルダの伝説(Switch)なんかでもだいぶ攻略サイトにお世話になったほどですが、本作は今のところほとんどそういったサイトの助けを借りることなく進めることができています。グラフィックがきれいだったり、アトレウス(息子)のヒントがちょうど良かったりということもあってか、結構自力で解きたいと思えるし実際解けちゃうんですよね。普段はだいぶ諦めが早いんですが…w

後半はもう少し難しいギミックも出てくるのかもしれませんが、とりあえず現時点ではちょうどよい謎解き難易度でとても心地よくプレイできています。

探索要素

本作はオープンワールドではありません。個人的にオープンワールドは大好きだったのですが、やはり自由すぎて飽きが早かったり、何していいかわからないという状況に陥りやすく、最近はあまりオープンワールドは自分に合っていないのかなとも思っています。この作品をプレイしてやはり行くべきところを明確に示してくれる目的ありきのゲームのほうが自分に合っているなというのはすごく感じました。

だからといって一本道ではありません。サブクエストもちゃんと用意されていて、物語の本筋から少し逸れながら冒険し、強敵を倒しながら武器改造の素材を集めたりするのがとても楽しいです。

強敵を撃破するとレアな素材が落ちたりもするのでやりがいもあります。

ちなみに、このゲームは敵の出てくるポイント、出てくる敵の種類、数などは決まっているようで、敵を倒せばもう同じ場所でポップすることはありません。もちろん話を進めると敵出現のフラグが立って同じ場所で敵が出現する、ということはありますが、これは単に話が進んだから次の段階の敵が出現しているだけで、倒した敵が再ポップしているわけではありません。

そのため同じ敵と何度も戦って経験値を稼ぐ、ということはできないのですが、そもそもストーリー進行などで手に入る経験値に比べて敵から手に入る経験値は微々たるものですので、その辺は心配いらないと思いました。


マップではやりこみ要素の残数などの確認も

ロード時間

気になるところはありませんでした。ゲームオーバーになった後、直前のポイントから復活するときにすこーしだけロードがある程度ですかねー?

おわりに

PS4ソフト『God of War』をアクションゲーが苦手な立場から紹介してみました。

全体的に非常に面白く親切な作りで最後まで楽しめる気がしています。

無事クリアできた時にはクリア後の立場で再び振り返れたらと思っています。

ゲームの動画を見てみたい方は公式サイトの動画を見てみるといいかと思います。

公式HPへ

アクションゲーは苦手だけど楽しそうだからやってみたい、という方には是非お勧めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください